ページの先頭へ

会長ブログ

  1. ホーム
  2. 会長ブログ
  3. 2016.6.29

2016.6.29

いよいよ参議院選挙が始まりました。京都府理学療法連盟もエンジンをかけて活動の開始です。依岡連盟会長の代理で私は本日綾部で開催される「二の湯さとし」候補の個人演説会場まで出かけました。

近鉄・JR・綾部バスと乗り継いで、会場の綾部市市民センターに到着しました。会場ではこの演説会に参加することの手配をしてくださった府議会議員「四方 源太郎」先生が温かく迎えてくださり、控え室では奥様がお茶の接待をしてくださいました。

19時から演説会はスタートしました。私は団体の応援団ということで壇上に上がり、必勝の鉢巻をして座ることになりました。まず参議院議員「西田昌司」応援弁士の話から始まりました。西田氏の話を聞いて感じたことは、その地方のことを熟知しておかなくてはと感じました。話題を知ってないと何もしゃべれないということが勉強になりました。また主役の「二の湯さとし」氏のこともよく知っておかないと何もしゃべれないことがわかりました。この点についてはまったく私は勉強不足でした。西田氏の演説が終わると「二の湯さとし」本人の演説がありました。自分の実績と今後のあり方について熱く語られ、聴衆をひきつけた話でした。その後直ぐに、次の会場に向かわれました。

ここからは業界の代表の応援演説(全国区代表候補に対して)がありました。まずは遺族会の代表から、そして京都府議会議員で公明党の応援弁士として「山口 勝」氏が熱く語られ、次に医師会代表は理事で地元の医師が応援演説を行いました(当士会も将来は地元の会員がこの壇上に上がり応援演説をするようにならないといけないと思いました)。

以後建設協会の代表、地元の代表と応援演説が続きました。私は話はなしで、紹介だけされ、よろしくお願いしますと一言のみで今回は終わりました。最後に綾部市長「山崎 善也」氏からの演説があり、終わりました。今後はもっと勉強して、この壇上で応援演説ができるようにならないといけないと反省しました。

情報です。京都産業大学が獣医学科をつくり、綾部に大学を誘致する計画が進んでいます。また北陸新幹線のルートは舞鶴経由の説が強くなってきているようです。議員連盟も立ち上がり、周辺の府県の首長さんを巻き込んでの誘致が今進められているという話がありました。会は20時40分頃に終わりましたので、四方議員に挨拶をして、急いでJR綾部駅に向かい帰途につきました。